サーフ文庫

上手くいかないことがほとんどだけど一歩一歩前進するのみ

こんにちは!

このブログは個人間レンタルマーケットプレイスを構築運営する中で、日々考えたこと、実行したことを公開する日記です。

「自ら機会を創り出し、機会によって自らを変えよ」
これはリクルートの創業者、江副浩正氏によって作られた言葉で僕の座右の銘です。

「機会=環境,結果」

なにか新しいことを始めることは簡単ですが、それを継続していくには結果を出したり、自ら環境を作っていくことで事業への熱量を維持または拡大していくことが大切。

しかしそれは本当に大変で、以前運営していたネットショップではそれが出来ず途中で挫折してしまいました。

今構築しているサービスでも機会を作ろうとたくさん行動していますが、上手くいかないことのほうがほとんどです。

そこでふと気づいたのは自分が「使ったエネルギー量に対し、正比例ですぐに成果が出ること」を期待してしまっていること。

まるで学生時代の試験勉強の時のように勉強したら勉強しただけ分かりやすく成果をでることを求めてしまいがちでした。

でも現実の社会ではこんなことはまれで、使ったエネルギー量に対し、成果が出ないことはしばしば。

下の図のようなイメージです。

使ったエネルギー量に対し、成果が出ないとやる気がなくなります。(赤丸の部分)

正比例のイメージでいると、ここで「何もやらない方が良かった…..」と思ったり、あたかも後退しているように感じてしまい、これが何度も続くとやる気を失い諦めてやめてしまうこともあります。

でもそれは非常にもったいない。

実は成果が出るタイミングが少し先にズレているだけなのではないか?

ビジコンで希望した結果が出なかったのにも関わらず、時間差で希望していた以上の環境を頂きました。

この半年ほどずっと手に入れようとエネルギーを注いでも全然手に入らなかったものが一気に手に入った。

その経験によって、今は

「目先の分かりやすい結果を安易に求めるよりも1日1日エネルギーを注ぎ続けることが大切

と考えが変化。

これからもいつ現れるか分からない機会(=環境,結果)を手に入れるために1日1日エネルギーを注いでいきます。

ご覧いただきありがとうございました。いつか、お会いしましょう。